沖縄県立宮古総合実業高等学校

スクール・ポリシー

○スクール・ミッション

・専門教育を通し、自己の在り方生き方を考え、地域に貢献できるよう主体的に進路を選択する生徒の育成
・豊かな人間力を身につけ、主体的かつ協働的に自立した社会人となる生徒の育成



○スクール・ポリシー(3つの方針)

1.グラデュエーション・ポリシー(育成を目指す資質・能力に関する方針)

社会的に自立し、創造性豊かな人間力を身につけ、自分に責任を持ち主体的に行動・躍進してい く生徒を育てていきます。そのために特に次の5つの力の育成に努めます。
(1)自分に責任をもち主体的に行動できる力
(2)他者と協働し、課題解決を行う力
(3)ありのままの自分を受け入れ、自己肯定感を高めていく力
(4)小さいことを重ねていく「凡事徹底」ができる力
(5)専門技術について考え、試行錯誤して技術の習得に励む力


2.カリキュラム・ポリシー(教育課程編成および実施に関する方針)

社会の変化に対応する農業・福祉、商業、水産・海洋の専門教育を通して、宮古島と県外および 海外との架け橋になるグローカルな人材をとなる生徒を育てていくため、各学科で特色のある教育 課程に取り組んでいます。
(1)個々の学習能力に応じた学習指導の充実のため、国語、数学、英語において習熟度授業、少 人数授業を実施しています。
(2)特色ある各学科の学習内容をより充実したものにするために、各学年に対応した類型に分か れて授業を行います。
  ・海洋科学科:1年次は共通、2年次より海洋技術、機関技術、沿岸技術の各類型に分かれます。
  ・生物生産科:1年次は共通、2年次より植物生産、動物生産、資源利用の各類型に分かれます。
  ・食と環境科:1年次よりフードクリエイトコース、環境クリエイトコースに分かれます。
  ・生活福祉科:1年次は共通、2年次より福祉、生活デザインの類型に分かれます。
  ・商 業 科:1年次は共通、2年次より総合ビジネス、会計ビジネス、情報ビジネスに分かれます。
(3)ものづくりの技術や専門に関する資格取得を目指した授業に取り組んでいます。
(4)自分の専門科目以外に、「総合選択」で他学科の授業を受けることで、幅広い知識と技術の習得を図ります。


3.アドミッション・ポリシー(入学者の受け入れに関する方針)

本校は、専門的な知識や技術、資格取得ができる学校として、地域から期待されている学校です。その期待に応えるためにも、次のことができる生徒を求めています。
(1)専門科目の学びに強い興味・関心があり、入学後も目的意識をもって意欲的に学ぶことが できる生徒
(2)基礎学力を有するとともに、実験・実習や資格取得に積極的に取り組むことができる生徒
(3)学校行事や部活動、ボランティア活動に熱心に取り組むことができる生徒
(4)ルールを守り、何事にも協力して学校生活を送ることができる生徒
(5)身に付けた知識・技術を活かし、将来地域や社会に貢献したいと考えている生徒